2016/07/09(土) 11:47:13

お客様がたのレポート

名古屋に引っ越してきてからの
お客様がたが書いてくださった
山猫軒のじょうほうです。

http://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23001482/dtlrvwlst/5679948/?lid=unpickup_review

http://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23001482/dtlrvwlst/37024504/

http://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23001482/dtlrvwlst/6123074/

http://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23001482/dtlrvwlst/

http://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23001482/dtlrvwlst/7558297/

http://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23001482/dtlrvwlst/6669721/


http://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23001482/dtlrvwlst/5940619/
これは食べログ

http://www.teradas.net/archives/14054/
これは未だにどなたかわかりませんがかなりせんさいなかたです。。

季節によるメニューの違いなど
見ていただければ、ご来店いただく「旬」の
ご参考になるかと思います。

「大トロや霜降り肉」など「原始人的な脂味覚的」なものや
また「ガスやバーナーなどで炙った」りした
嗅覚的に耐えられないもの
またコテコテの揚げ物等は
基本的にお出ししないお店ですので
そういうのが好きな方には向かない
「山猫軒のお料理」ですが

食べログの各コメントの見所は

一滴も肉汁が逃げていない
魚や肉、野菜の火入れや、
椀もののお出汁に関して
素材の臭みの抜き方や
処理の仕方
刺身などの切り口
卵等の臭みのなさ
チーズの状態
オリーブオイルの軽さ
コメントされている方々は
かなり、舌の肥えた方々です。
一般的に、仏や伊で修行する調理法や
料亭、割烹で覚える調理方では
こうしたことが不可能ですので
日本の料理のプロとは
かけ離れた明らかに一線を画す技法が用いられていますので
一般常識的知識だけですと
一見素材を「煮ただけ、焼いただけ」にしかみえないはず。
なかなかそうしたことにまで気がつかれる方は稀ですが
中には
こっそり的確な質問をされて
すかさず我が家の定番に
してしまう方や、
すごく小食なのに親娘で椀もののスープだけは
かならず絶対にお代わりしちゃう方々とか
小学1、2年生なのに
「今年も鱧のお出汁が美味しかったです」。??
すごいですよね。

などもいらっしゃって
そうした本当のお料理がゆっくりと伝わっていくのが
実は私の密かなよろこびです。


スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立