2017/10/06(金) 07:05:37

岩のシャルドネ 世界最高シャルドネ

お客様からの 「リクエストセット」7500円
5日から 10日までの 全てまんせきとなりました。
ありがとうございます。

今回はあっという間に埋まってしまいました
最初に出るすっぽん鍋で、出した瞬間に
「は〜、、こういう出方しちゃうの?」
と、
大笑いしたお客様がいらっしゃいました。
(多分8000円から1万円くらい取られる料理ですので
無茶苦茶お得には違いないですね。)

松茸焼きは、数人の方から
「人生最上の香りでした」という言葉をいただき
(最近鈍感な方にバカな口コミを書かれ
気持ちが萎えていたところ、、だったこともあり)
やっぱりちゃんとしたものを
お出しし続けてよかった、と本当に思いました。
ちゃんと伝わる方も多く、うれしかったです。

イクラは、
こんなピュアーな季節感のあるイクラをいただいたのは
何年ぶりでしょう
と、お礼のメールまで頂き、
季節そのものの味を、
バカみたいに手をかけて処理をしているスタッフ一同
元気をいただきました。ありがとうございます。

グラスフェッドビーフは
塩 わさびと、醤油 わさびで一切れづつ
お出ししましたが、
「脂の重い霜降り肉とは
全くベクトルの違う旨味 深みがあり、
素晴らしかったです。こんな肉があるのですね
次回もリクエストしたらいただけますか?」
と、嬉しいメールもありがとうございました。

(この辺りご注意頂きたいのは、お口に合わないタイプの方には
本当に山猫は向かないということです。
下記のレビューなどご参考に
こうした方が美味しいというお店を
やっぱり美味しいと思う方々は
山猫を避け、その方が気に入っているお店に行かれることを
強くお勧めいたします。そういう方は
その方のレビューなどをご参考にしてください。
その書き方、無知さ加減、無責任さは爆笑ものだとは思いますが、、。
ごく最近の食べログの口コミを書いた
見ればこんなバカはそういないので、すぐにわかると思いますが
商店街のスタンプラリーレベルで
ただ単に記事を書く目的でしかも驚くべき味覚未発達の
公的文章の意味も理解できないレビュアー
こうした方は、本当に山猫には向かないので
この方のオススメのお店をご参考にして頂き
山猫軒へのご来店をお辞めくださいね。)
閑話休題

さて、つづきです。 笑、、。
ポルチーニとイベリコベジョータの組み合わせは
日本では出されてこなかったので
一見、奇をてらったように聞こえますが
古〜いこてんりょうりのふっかつで
非常に理にかなった美味しさです。

ちかじか、もう一度やりたいと思いますので、
今回タイミングの悪かった方
また、是非。


では、今日の本題です。

現在世界最高シャルドネとは言いますが
例えばいま、最高に評価の高い
5大シャルドネのうち
なんと 2位から5位のうち
この中に、3本が入っています。

20171006062517cff.jpg
コングスガード
オーベール
キスラー キャスリーン

この3種がロマネコンティのモンラッシェと、
2位ー5位を争っているシャルドネ

ナント3つがアメリカのシャルドネです。
もちろん山猫では、30ccからお気軽に
バイザグラスでお楽しみ頂けますが 、、

では、世界一はあるの?

入りましたっ。

これが、現在 ダントツのNo.1 シャルドネです。


何しろ何万本も作る量産の
ロマネコンティとはちょっとレベルが違うかも、。
これ以上岩だらけの
これ以上吹きっさらしの
これ以上痩せた土地はないという
広いアメリカ大陸の
最上のシャルドネ畑
こんな畑は唯一無二
できるブドウも唯一無二
できるワインも唯一無二
となります
更にこのナパのの小さな畑から
悪い年には作らないばかりか
作っても二本の木からボトル一本も取らない
生産量は年に100ケースから最大でも300ケースという
「 ザ、ジャッジ 」

20171006065312e7e.jpg

byコングスガード

とうとうこれを グラスでお出しできる時が来ました

2013と、2014 がございますので

早いもの勝ちとなりますので
ご予約ください。

多分将来 ちょっと手のでないお値段になってしまうかもしれませんが
今なら山猫で30ccのバイザグラスで
1杯7000円前後でおだしできます。

あと、このコングスガードの
レギュラーのシャルドネも
上記写真に写っていますが

大サービスの1600円で
こちらはすでに定番でお楽しみいただいておりますが
フランスの
バタール モンラッシェや、
コルトン シャルルマーニュと
飲み比べなどしていただいても
たのしいかとおもいます。

現在 進行中の 「 ワインが主食のシラー編 」と、
同時進行で
2つの企画を一気にお出ししようかと、。

フランスとアメリカの
シャルドネ尽くし

「 ワインが主食 」シャルドネ編

バタール モンラッシェ
コルトン シャルルマーニュ
キスラー ノワゼッティエール
ルイス
トアー
オーベール
コングスガード
おつまみ込み 12000円

フランスとアメリカの ピノ・ノワール尽くし

「 ワインが主食 」 ピノ・ノワール編

2017100607011928b.jpg

こちらは
おつまみ込みで 11000円です。

山猫スーパー企画

「 ワインが主食 」

シラー編
シャルドネ編
ピノ・ノワール編

3種 同時開催すたーとします。
各 ご予約早いもの勝ちです。
7時・8時半
の、どちらでもお好きな時間帯で
いつでもごよやくくださいませ。





スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立