fc2ブログ
2024/01/01(月) 03:10:02

本年度 所信 です。

あけましておめでとうございます

読みたい方だけ読んでくださいね。

   本年度の 所信です。
というか 、、30日の夜から死んだように眠って、おきたらもう、、、、。31日もだいぶ過ぎて、、。いやー、大晦日を体験しないままにすでに新年、、という事態は免れました、、あはは、、。そんな頭で書いてますので乱文 お汲み取りくださいね、、汗、。
 
今年は京都に 
     山猫軒の精神を引き継いだ 

   「仔猫」がオープンします。 

こんな私でも一応「師匠」なので、自分がしっかりしなきゃあ、、。と、新たにピンシャンと背筋を伸ばしていかんとね、。と、いうことで、、。

身近で小さいことから言えば、「食育」とか「地産地消」ってキャッチフレーズも もう聞きたくないって感じです。 なんか 村おこし的に経済効率のために あんまり、、本当は、、必要なのか?みたいなものを作ってそれをガキに食わせることが「食育」?なんでしょうかね、、。 近年猫舌の人が思いっきり増えました。 これ、典型的な「食育」の欠如ですよ。 「いいかい、たくさんすすっちゃダメ、本当にちょこっとだけ すこし舌を引っ込めて口の先に空間を作って空気と一緒に啜ってごらん、、。」ということを子供に何度か伝えてますか? 数回で猫舌解消します。山猫軒では、お椀を出すとき猫舌の方になるべくお勧めしてますが、多くの方が一瞬で猫舌なおっちゃいます。そしてその後 お椀物を楽しめるようになってくださいます。 じつは、こうしたことこそが、「食の文化」を支えます。こうしたことは、食べログなどの質の悪いレビュアーなんかには「聴くに耐えない」蘊蓄らしいのですが、そういう人たちには(僕の人生に関係ない人たちなんで)それで良いのです。そんな輩などには関係なく 現に多くのお客様方がそれをきっかけに椀物を美味しく食べられるようになっていただけるなら 僕にとっては「とってもやりがいのある嫌われ役」なんです。 いつもいうのですが、 「もてなす心の反意語ってしってますか?」 と、 答えは 「媚びる心」です。勿論、市場経済的には「商売は媚びる心と見つけたり」なのですが、、。それでは文化の破壊者になってしまう。文化とは「過去の人たちが築いてきたものを継承する」ということですし、、。 かつては 日本料理の華は「椀物」 とまで言われてきたように 日本こそ 世界一の「すすりもの文化」を持っていたはずなんです。啜ってこそ 風味 ファーストノート  一口の中にその素材の持ついろんな顔が始まって 膨らんで 過ぎ去って 余韻が、、そして終わってゆく。 しかし 猫舌が増えた結果 圧倒的に日本料理の 料亭 割烹をはじめ、、本来椀物だったものが 猫舌に媚びた結果 小さな器に小さな匙がつき 匙が小さいので冷めやすく 猫舌の人でも大丈夫的な、、、。に変わってしまっています。 何がいけないのかって?、、。その小さな匙で味をとらせるためには よっぽど濃い味付けでなくてはいけませんので、本来のものとは違うものになってしまうだけでなく、本来の啜った時の風味や余韻も消えてなくなり お出汁も強烈なものになり、、。その結果コースのその位置にその料理があってもいいの?的な、、。その位置にそれを置けば 次の料理にはもっと強い味が必要になって、、、。と、いうことなんです。 猫舌に「媚びる」という1つの無駄をした為に、さらに次の無駄が必要となっていく、、。という「文化破壊」の連鎖で「料理そのものが壊れていくわけです。

何事もそうだと思うのですが、一つのことをごまかさずに追っていくと、結構世の中や自分の生き方が見えてくるように思います。 僕の場合は「食べ物 文化 料理」になるのかな、。 お店でお出しするお料理も 料理教室でお伝えしていることも 自ら確信もなく 調べもせずに 「自分で自分に蓋をしてしまうこと」なく 一歩先にちょこっと足を踏み出すだけで こんなに美味しい こんなに楽しい こんなに面白い そんな景色が 実は見えるはずなのに、なぜか意味なく そういうのは大変だ とか 思ってしまうの やめようよ。 それが「山猫軒が伝え続けてきたこと」です。 コロナも終わってみれば「それ自体が大きな情弱商売」で 多くの方にとっても 「騙された感満載」だったと思いますし、、笑。 でも、少しだけ頭の隅に ここ数年のこと、 福島の放射能事故 コロナ その間の種子法改悪 ゲノム編集の認可 食品添加物の増加 CO2を利用した電気自動車という最もサスティナブルでない商品群を含む急激な電化 そして原発再稼働のための資金にするための電気代のすごい値上げ ets,,ets,,。 あはは、ちょこっと耳障りな出だしでしたね。 

閑話休題  

昔に戻れ、、とは 全然思っていませんが、昔はどうだったのかな、と、思いを致すことは、とても大切で、そう思ったついでに、「なんでそうだったんだろう?」と、「ちょこっと考えてみる」ことこそ とっても大事なんです。なぜか? その行為こそ「文化を継承する」ということ「そのもの」なんです。 それこそが 無駄をなくす🟰サスティナブル な行為だということなんです。 逆に 極端な正反対なことを言えばイーロンマスクや(ニーロンでしたっけ?どっちでもいいや)ビルゲイツやホリエモンのように効率の良いビジネスによって立つ人たちが口を揃えていうのは「CO2」とか「地球が住めなくなった特に移住可能な星が必要だから宇宙開発は重要な使命である」、などなどとほざいてますが、、。
 、、、いやいや、、そうではなく
 「地球をダメにしないこと」の方が 
それらの100倍大事なんじゃないの?」 
ということ。 
相反する2つの矛盾を考えないように
ぼかしながら進めていくのは 
おかしいんじゃない? 
ちょっと話が大きくなっちゃいましたね。
キリがないので、ここらで締めて 
葉巻でもぶち決めます。

     締め

 食 を 戻していく、という
まあ、何十年もやってきたことを 
僕らは続けていくだけですが、 
今年も山猫軒 変わることなく
頑張っていきますので、 
こんなお店でよかったら 
変わらぬご贔屓 応援 
   京都に出店する予定の
    「 仔猫 」ともども
よろしくお願いいたします。 

        2024 元旦IMG_2654.jpeg
スポンサーサイト