2013/10/24(木) 05:34:52

肝に銘ずこと、背負って行くこと

オープンから1ヵ月半 稼働率実質45パーセントといったところでしょうか、、。

さて、無我夢中の1ヵ月半でしたが、

いろいろな意味でよいお客様方に恵まれたことを、

つくづく感謝しております。

多くの方々に支えられこれまでやってこれたなあというこのとき、そして

    先週

 私の至らなさの故 大変悲しいことをやってしまいました。

その日のお客様方の多くには何とかご満足いただけてはいたのですが、

 一組のお客様方にとても悲しい思いをさせてしまいました。

それは どういうことか と、書き出せば

 言い訳にしかならぬこと

しかしながら、 「あなたの作るものは もう たべたくないのです」とまで、

お客様に言わせてしまった、、。この事実は私の一生涯消えることのない事実でもあります。

 その言葉を言わねばならないところまで 、そんな悲しい気持ちに

お客様を追い込んでしまったという事実は消すことのできないことです。

 生涯勉強中ですし そんな私の供するお料理を

食べて 美味しいといってくださる方々に通っていただけているのは

感謝に限りがありませんが、

 流石にこの事実をかみ締めるのにこの3日間 寝ることもできませんでした。

しかしながら 一介の飯屋の親父である私には やはり

飯を作っていくしか脳がないと思いました。

 今回 お客様をがっかりさせてしまったこと

  本当に肝に銘じ 確実に生かしてゆくほかないことであります。

やはり、これまでと同じく飯を作り うまいといっていただくことを

全力を尽くし続けることのみが ほかに能のない自分の道であると

新たに今日から再出発していきたいと思います。

 

 すべての方にご満足いただこうなどとは まったく思ってもおりませんが

私のできることのうちのことは 抜かりなくよい仕事を

していきたいと思います。

 これを機会に 山猫の料理も

私の体力と年齢的な限界を見極めた上、

今まで積み上げてきたものと

学んできたものを生かし

その中でのご満足いただくべく

お料理そのものも、ご提供の仕方も

 無理なく自然体で完成度をあげるほうに

ゆっくりとですが 変わっていくことになるかと思います。

  お勘定のとき 

「このお金を払うのにこんげつどのくらいはたらいたのかなあ?」

 と ビンボー人の私は思ってしまうことがありますが、

  そうした思いだけはさせない

「お得だったね、美味しかったね」といつも思っていただけるよう

なりたく思います。


   さあ、明日から、 新しい一歩を踏み出すべし




  

 

スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立