2014/11/06(木) 00:47:56

久々に絶賛コメントです。美味しいお店ご紹介 パン

  名古屋にはここまで美味しいパンは今の所知りません。


たかがパン されどパン です。

豊橋市です。

 私が自分のお店で使いたいと思ったパンは

はっきり言って これまで 「0」でしたが、 とうとう、、、、。







皆さんごぞんじでしょうか?

辻静雄も 土井勝も ビンチェンツオ ブォナッシージも 

ジョルジュ ブランも (私もですが、)

みんな記者またはライターや活動家でした。

そうした人間が広く培った己を集中的に

「基本を踏まえたうえで」

「料理に打ち込む」と、

非常に完成度の高い、かつ

「次元の違うもの」

に到達してゆく可能性が高いかと感じます。

もちろん有名になったり金持ちになったりしたときに

ビジネスに走ったりすると、

突然つまらんものになったりすることも

よくあることではありますが、、。

もちろん 気のせい かも知れませんが、、、笑、、。


25年来の知人でもある彼が、しばらーく あっていなかったのが

2年前に合ったとき突然パン屋になっていたときの驚き。

画家を目指す男ー建設会社の社長ー コーヒー店 -パン屋さん、、?

山あり谷あり潜り抜けてきた男がたどり着いたというより

現在の帰結的状態 それは  パン屋さん。

1年半前の段階では、良くぞ短期間でここまでやるようになったものだと

感動はしたものの

、彼のパンを 私の店で使おうか?

という思いは 湧いてこなかったのですが、

そのとき私が、面白いなあと思っていた

北海道の ゆめちから という小麦を紹介したのですが、

ことパンにおける ゆめちからの可能性の活用に関して、

私などの及ぶ所ではないくらいにその長所を引き出していました。
たぶんまだ もっと 美味しくなります。

(これはちょっと思いつきや なんちゃって創作的なものではありません。
たった数年のうちに一般のパン職人がする100年分くらいの努力が
つみかさねが、無ければこうしたことは起こりません)

彼独自開発の石釜(すばらしい完成度です)で

石釜であるからこその 独自のパン理論は

素晴らしいの一語に尽きます。

「柴田書店さん 彼にパンの本を書かせれば、

ちょっと、パン革命ですよ」

いかがでしょうか?

まあ、ほかのパンの権威たちの本が売れなくなってしまう

危険性はありますが、他の出版社に先んじられるよりいいかも、、?

リーンなパンに関しては、

豊橋どころか愛知県に比類の無いパン屋さんであることは

(私は)間違いないかと思っています。

今回は 「うちの店で使いたい」  と

初めて思いました。

特に ゆめちからの丸いパン

    胡桃パン

    ライ麦のパン

は 特にそう思いました。

ただし、そのパンを使うには

少しメニューを増やさないとなあ、、、

と真剣に考えています。

このパン屋さんは

常連さんがどうしても、、というので

ちょこっとだけ クリームパンや食パンなどもありますが、

基本的に 食事の名わき役のパンしかありませんので

それでよろしい方は ダントツに 一押しいたします。

しかも、品質から言って圧倒的にリーズナブルです。

本当の意味で パンが好きな方のみにご紹介いたします。

たぶん 更に成長を続ける美味しさのパンでしょう。

名古屋から足を運ぶ価値は十分にあるかと思います。


 

  かぜのように はなのように

http://www.kazenoyounihananoyouni.net/


   です。

追記

あと、このホームページの中にある
スモールストーリーも素敵です。
http://www.kazenoyounihananoyouni.net/small-story/index.php/category/bread_01
このブログを書いた後で
読んだのですが、
同じようなことを30年近く続けてきた私も
思わず涙腺が緩みました。


人間、弱いもの


いろんな人たちに助けられ支えられ


今の自分がいるものです。


でも、それは 絶対に曲げない道をたどる人間にのみ


与えられる 最高の至福


ああ、この道を歩き続けてきてよかった、、と。


だから、また、自分の道を歩き続けるのだ。



彼の文章を読むと
どこまでもまっすぐに進む希少な仲間の存在を感じ
心から「続けていてくれてありがとう」といいたくなる

久々に
エネルギーを分けてもらいました。

中西氏に 感謝









スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立