2015/05/01(金) 00:19:51

最近の山猫

   @@  5月 6,7,8日にはまだ空席ありです。  @@@



最近全く写真が無くてすみませんでした。

  んで、、最近のメニューから、、、


@写真はクリックで拡大します。




 1484518_10203328402521971_21587985184916118_n[1] きれいですね。
国産小麦のハルユタカ (山猫のパンの基本です。)
ケーキやさんや パン屋さんが聞いたら
信じられないくらいの水分量で
うそみたいな水分量でまとまりが無いのですが、
これをこねて、(ウルトラ体力が要ります。)
一晩寝かし、(このままパスタマシンにかけると
      機械が壊れますので)

1486589_10203328403121986_3683073299752099119_n[1] パスタマシンで何度も伸ばすと
うすーい パスタの帯が出来ます。
それに最高の品質のバターを塗りながら

巻いていく 巻いていく

自家製のりこったチーズを
最上の牛乳でつくり
ごっそりと買ってきた国産レモンの皮をむき
甘煮を作り 自家製のレモンピーるにして
カスタードとあわせ
この記事に包んでオーブンに、、、。


@@@
11025988_10203328402241964_8829642458938682249_n[1] スフォリアテッレ(リッシャ)の 出来上がり

 イタリアの美しい町 アマルフィの修道女が考え出した
大アサリみたいなこのお菓子は
スフォリアテッラ(2枚貝)ににているためにこの名前がつきました。
パイ生地が横の層になっているのに対し
層が縦になっている子のお菓子は
パリッ サクッ ガリッ ボリッ、、という
「世界に一つしかない食感」
ナポリの名物になりましたが、
残念なことに今ナポリに行っても
この原型を出すお店はよほど探さないと
見つからないかも、、、。

残念なことに イタリアも 当然近代化しているわけで
日本と同じく何でもイージーになっていきます。
「そんな面倒なことしなくても
パイ生地シートで作れば簡単で大量販売できるでしょっ、、」
ってなわけで

いまでは 似てもにつかぬ スフォリアテッレ(フロッラと呼ばれている)
に切り替わってしまいました。

原型 (スフォリアテッレ リッシャ)を知っている人にとっては
パイ生地で作られた今のスフォリアテッレは
出来損ないのパイよろしく 脂くさくて食えたものではないのですが、
ナポリでは、、、うれてるみたいですが、、、。
悲しいですが、日本でほんものをどうぞ、、。


いやー、、、4年ぶりにお出しします。
11053909_10203639751585503_857239009079753165_n[1] 世界最高の ピスタッチョオイル
いろんな事情で日本には入らなくなってしまっていたピスタッチョオイル
(どーでもいい品質のものは入ってたけど、このフランスの一家が作る
このオイルを味わってしまうと お客様に出す気になれません。)
パンにつけるだけでご馳走ですが、
シンプルな牛乳のアイスクリームにかけると、
申し訳ないけれど イタリアのじぇラードやさんで食べる
ピスタッチョのジェラードが かすんでしまう この美味しさを
ぜひいかがでしょう

10406356_10203639751425499_7544176701942599553_n[1] 洗練された、、という言葉を
           物体化したらこうなるかも、、な美味しさです。

11149575_10203549688893992_8300042639107483373_n[1] 相変わらず注文の多い
      パンのキャラメルソテー マスカルポーネ添え
       30年来の定番もよろしく





モリーユ茸

フランスの茸です。栽培不可能な茸の一つです、。

さっとバターでソテーするくらいが

一番好きかも、、。

11182329_10203611508519444_5978860547205444626_n[1]   

久しぶりに中ヨークシャー豚です。

一度はほぼ絶滅したこの日本最高の豚の一つですが、

良いのが入るようになりました。

一切の臭みが無く

脂の質は日本最上で

さらりとしていてコクだあり赤みは

なんて香りが良いのでしょう

昔はやった

「まったりとしていてそれでいてしつこくない」

という言葉を豚にしたらきっとこんな感じ

11169922_10203611508839452_4094280298603823727_n[1] モリーユ茸を添えて、ローストに


季節です、伊良湖 神島の鯛

明石 神島 五島列島  日本3大 鯛 ですね。

全て ちょっと手を加えたお刺身に
10996307_10203423075808744_1508154756167161547_n[1]   
7キロから8キロの 神島は
柳橋市場には1日1本入るかはいらないかの鯛ですが、
山猫が独占?すみません。
このクラスは有名おすし屋さんで2個出てきたら
?千円?

それをむちゃくちゃ贅沢に使います。

10392493_10203534884523892_2982313535249655764_n[1]対の頭が炊飯器に入りきらないので
カットして鯛めしに、、、。


 11141142_10203534884363888_2990346380518422377_n[1]その鯛めしに 刺身を乗せて
鯛と水と しょうゆのみのスープをぶっ掛け
鯛茶ずけふうに、、「いわゆる ひとつの デラ旨」でございます。



佐賀県のアスパラが終わったので今年はアスパラおしまい
といっていたのですが、

25年来の付き合いの輸入業者さんが
今年のは凄くいいですと
かなり強気に行ってきたので試しに食べたえら
ほんとに美味しくて、、、

節操無く  ふっかーつ
フランスのホワイトアスパラ
どうも、この数年 品の無いえぐみがいやで使ってなかったのですが、
確かに例年に無く おいしいです。かなりおいしい。
こういうのを食べると まだまだ日本産はかなわないかなあと、、。
 11148781_10203611507559420_5779278967031593985_n[1] 美味しいうちだけ小田氏します。
    たまたま今回だけ美味しかった可能性もあるかもしれないので、、、。

13702_10203611507919429_7690168947988821041_n[1]もったいないくらいしっかりと皮をむきます。


10420395_10203611508119434_4609897948620470347_n[1] 山猫マジックといわれる 独特の火入れによる
       最大限の甘さを 塩だけでお楽しみください。
      



1897811_10203493407766999_8813227137455297862_n[1] 最近お付き合いが始まった
      昔ながらの 名古屋のお肉屋さん。

     山猫は霜降り肉は基本的に使わないのですが、
良い和牛の 赤みは 和牛独特の美味しさがあり
育ちの良い牛のひれやランプを よく使いますが、

今回大将が大変気を使ってくださって
A5等級のランイチを手に入れてくださったのですが、
、、し、、しもふりかも、、、?
予感的中 霜降りでした、、
ランイチは ランプといちぼ肉が一緒になっているままの塊で
この肉は15キロ以上あるのですが、
ばらしてそうじしたところ、
ランプのほうは何とかステーキに出来そうでしたが、
いちぼ肉のほうは素晴らしくバランスの良い霜降りで
でも、、霜降りは霜降りなので、、
ある意味 ど旨いんですが、、。



@@@
11037469_10203493408007005_6910897889685151730_n[1]

@@@

10473201_10203619845167855_8953412731697815505_n[1] 一簿は食べ応えのある一歩手前のサイズに切って
        串を打ち 炭火でたれ焼きにしました。之なら、山猫のお客様にも
        かなり美味しく食べてもらえそうなので、
        これ どのコースにも おまけでお出ししています。

11113596_10203619845407861_1073163763245747256_n[1] 炭火と余計なものの一切入っていない山猫のたれで香ばしく
             でもむちゃくちゃジューシーに


@@@


@@@   のこりのしゃしんha mata
appusimasune.



@@@


@@@


@@@


@@@


@@@



@@@


@@@


@@@


@@@
スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立