2008/07/26(土) 21:16:45

 今週の大サービスワイン 2つ

   でもワインだけでは寂しいので

           なぜか、、、

  画像 163 今夜のオムレツ カポナータと 茶豆添え

 

    噛み応えのあるワイン って 分かるでしょうか?

 口に含んで、、というより このワインは 濃厚な液体を口にほおばる感じ

 と、言ったほうが正解かも

    かつん かつん と噛んでいただければ その意味が分かります。

     濃厚、まったり チョコレートのような 

   フルボディーな メルロー です。

画像 164 シャトーモネスティエラトゥールエミリー

 

  ブルゴーニュの白ワイン で シャルドネ で 樹齢100年、、ええっ、、シャルドネの100年?

     そ そんなもの、、あったんです。

シャルドネはシャブリやムルソーなど、有名ですが 世界的にも最も

量産されている品種で、樹齢が 40年とかになるとかなり生産性が落ちる

(実をつけなくなる)ため、引き抜かれ、新しい苗に替えられてしまいます。

 ですから、シャルドネやピノノワールとうのメッカとも言えるブルゴーニュでは

基本的に、生産性が最重視される中、100歳の畑が残っていること自体が

奇蹟的なことといえます。しかもこのワインの畑はドメーヌ サンジャック

ブルゴーニュでは屈指の1級畑なのです。

    日本に入ってきたのは、全くの偶然といえますので、今後

このワインが入ってくることがあるかは、、、、。

画像 165 ドメーヌサンジャック リュリープルミエクリュ

 冷やしたこのワインをグラスに注げば、なんて複雑なフルーティーさでしょう。

ごくんと、飲み下すと、、香ばしい、胡桃を煎ったような 余韻が、、。

シャルドネ好きには なかなか嬉しい1杯です。

  こうした複雑みは、100年かかって地中に延びた根が、地中深くから吸い上げる

色々なミネラルに由来するといいます。100歳の古樹はちょっとしか実をつけませんが

最強の遺伝子を残そうと、最高の実をつけます。そこからくるおいしさです。

   

     今週のグラスワインサービス、是非是非いかがでしょう。

  赤 1000円

 

  白 800円   です。

 

スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立