2015/10/23(金) 05:40:57

来週から再来週初めごろの空席と、、。

 毎年毎年リピーターの方が少しづつ増えていく
山猫軒の 秋から冬の限定メニュー

   「すっぽん尽し」

今年もひそかな人気メニューです。
そして 今週からまた新しいメニューが加わりました。

  なんと、 すっぽんの 「骨付きハム」です。

骨ごとかぶりついて、、旨い。
確かに ハム
こんな贅沢なハムって あっていいのか?

来週末からの連休 11月の 1,2,3日あたり
すっぽんつくしはいかがでしょう?
今年は15000円です。

何年も前のことですが 
山猫軒の
「すっぽん尽くし」を最初に召しあがったのは
「日本最高のすっぽん」を育ててらっしゃる
服部中村養鼈場 の服部社長自ら、、

「すごいですね こんなすっぽん料理
始めていただきました。で、
伊藤さんこのコース一体いくらでご地峡されるんですか?」

「14000円くらいを考えています」

「えーっだってこれだけの料理をお出しになったら
それなりのお店では少なくとも5万円以上
7万5000円くらいは取られても仕方がないと思いますが
そんな価格でいいんですか?」

「はい、ダントツ日本一のコスパと品質にしたいんです」

ってな会話がありました。

あれから、ずいぶんな年月が経ちましたが
今年も
15000円でのご提供となります。

さて、
山猫軒のお料理は
「がっつんうまうま」な味が好きな方には
基本的に向きません。
 最大限にその食材を
本当に生かしたお料理となります。
(もちろんこの食材はガツンと行かなければ
美味しくないものは妥協なくガツンといきますが、、)

山猫軒の処理技術と調理手法は
日本で唯一の国際的にも先進的なものであり
全てのお料理は それに伴った
「引き算の美学」をもってなされますので
同じ「服部すっぽん」を使っても
格段に ソフィスティケイテッドされたものになります。
(山猫ではすっぽんに限らず すべてのお料理がそうなので
 飾り気も引き算されますし 手をかけてる感(笑)も
引き算の対象になってしまうので中身よりも
見た目にお金を使う方には全く不向きかと思います
よそでお金を使われたほうが たぶん お店も
その方もそのほうが幸せかと思います。
なかみをどうするのか?以外のことがかなり多く
引き算されますので、何もしていないかに見えやすいのは
確かですね、、。
この季節には 毎年何人かのお寿司屋さんや
和食屋さんが 北海道から 山猫軒の「いくら」を
食べにいらしゃいます。業界でもそれなりの方々ばかりのようですが、
「ただ、新鮮なすじこをほぐして 塩しただけですよ」
という私の説明を 誰も信じません。
「絶対にそんなはずはない」というのが
多くの専門家のご感想だと思います。
そうした方々は やはりきずかれるのだなあと
思います。
 もちろん 同じものを食べて
「こんなのなら私にも作れそう」とか
「素材のいいのはわかるが、私は料理を食べに来ているのであって
素材を食べに来ているのではない」とか
なかなか 面白いことを言ってくださる方も
たまにいらっしゃいますが、、爆笑、、。)
せめて、何がされているかわからなくても
「何かちがう」くらい気が付くくらいには
成長していただいてから 言ってもらいたいなあと思うのは
わたしだけでしょうか?
「言葉や質問を発するということは
相手に自分のレベルを見せることでもある」
と 2000年も前に孔子が言っていますし、、。

劣ったものや 弱い者 立場の下のものを
いじって笑うような最近のお笑いみたいな
悪質な行為になってしまいそうなので
(自分の心がさみしくなってきそうなので)
この辺にしておきますが、
「通?みたいな人?」が公的な場所に
非常に無責任に投稿する記事で
ご家族を養っておられる飲食店の方々が
実際に路頭に迷ってしまうこの頃ですし
そろそろ飲食店の方々が相手を名指しで
(どうせハンドルネームですが)
 反撃してもよい
頃合いかとも思いますし、、。

  閑話休題

  本題に戻ります。

しょうがも酒も 完全な処理と火入れの技法が
伴いますと
「臭みや癖そのもの」が一切出ませんので
酒やしょうがでごまかす必要が
一切生じないのです。
(煮魚にすら実は酒もしょうがも昆布も
  本当の技術があれば必要ないのです。
    むしろ邪魔なことも多いです。)
また、山猫のすべてのお料理の
最優先順位は
安全 です。
それをクリアしていなければ
どんなに着飾っても、料理ですらないと思います。
  「自然界にあるものを安全なものにする」

これは 料理の大1義でありますので
すっぽんの
生き血 や 生の内臓 刺身が
お客様に出ることは 絶対にありません。

多くのすっぽん提供者が 早くそうなってほしいと
30年も前から心より願い続けております。

あらゆる食材の中で すべての栄養素が
最高の吸収率を持つ「すっぽん」という食材は
真の意味での「全体食」
登録商標である「マクロビオティック」とは
違う意味で究極の
「生き物の命をすべていただく」という意味を持っています。

赤ちゃんを産んだ方や 病後の方が
「すっぽんを食べたらがぜん調子がよみがえった」
といいますが、
特に、一つの命に 自分の体を分け与えたわけですから
出産後の方が ダメージを受けるのはある意味
当然のことで 体中からいろんな栄養素が
足らなくなるわけです。
そんな時 最も吸収率の高い「命」を
丸ごと頂けば なかなか完全な栄養素を
まとめてとることがむつかしい現代
一気に動物としての 「全栄養素」が
(量やバランスの多少こそあれ)
全て入ってくれば、体は喜ぶわけです。

それと、何より 美味しい。(これが本音ですが、、。笑)

というわけで 今年も 毎年の皆さま
そして 初めてすっぽんにチャレンジされる方々
何事も最初が肝心と申します。
世界有数の すっぽん料理でお迎えいたします。
この機会に
いかがでしょうか?
ウルトラスーパーコストパフォーマンス
  アンド最高品質の

  「山猫軒のすっぽん尽くし」
 おひとり様15000円
    おひとりからでもご予約可能です。

すっぽん尽くしのご予約は
最低 4日以上前にお願いいたします。



スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立