2016/06/02(木) 11:23:34

ちょっとうれしい話。ちょっと危険な話。

最近ちょっと大きいワインのしいんかいにいってきました。
その時のおはなしです。
お店で使っていて破損したオールマイティーグラス樹を
(足が折れてしまったがカップ部分は大丈夫なやつ)を
いつもタオルに包んででかけます。
会場の普通のワイングラス
(最近では贅沢に全部りーでるだったりすることもあるのですが、、)
そうしたグラスでは、ワインは壊れていますので、
壊れているワインを飲んでも
試飲になりませんので、、。
ステムの折れたグラスで試飲をしてますと
会場では ド目立ちますが、まあしかたないことですし、、、。
で、最初からジーッと私を見ているアメリカ人、、、。
ちょっと その手の きけんをかんじるしせんが、、、。
99種類の試飲を終わり
かえろうとしたときに、
インポーターの方が
「伊藤さんちょっとごしょうかいしたいかたが、、」
ということになり、、、。
其のアメリカ人に、、。
ちょうど私が一度会ってみたかった
アメリカのトップワイナリーの一つ
000000ワイナリーと
0 00000カンパニーの人
でした。ラッキー。

で私が使っていた
オールマイティーグラス一樹をみていたようです。
ちょっとがっかり、(じょうだんです。)
でおはなしができました。
オールマイティーグラス一樹をしってるの?

いやー、持ってますよ
あなたのビデオも見ました

えーほんとですか?

僕らはプライベートではこのグラスでしか飲まないですよ
アメリカのトップワイナリーの何人かはこのグラスを愛用していますよ。

だったらもっと宣伝してくださいよ

いや、、、
今我々の立場の人間が、このグラスについて
公に語ることはむつかしいです、、、。
10年以上先になるのではないでしょうか。

そうですよねー
やっぱり、、、。

といったかいわになりました。

愛知県で最初に
オールマイティーグラス一樹を
本格的にお勧めしてきた山猫軒としては
それでもとっても嬉しく
力づけられる出会いではありました。

私がいつも行っておりますように
今このグラスのみが良いグラスで
他のグラスはまるで使い物にならないグラスであることが
世界的に認められてしまいますと
たいへんなことになってしまいますし、、。
数兆円という市場がうごいてしまいますし、、。

水素自動車が、発明され実用化に成功したのはなんと、
60ねんまえです。
現在の自動車のエンジンは
ほぼそのまま使え、簡単な電気分解の装置を積んだ車の
ガソリンタンクに、家庭の水道から水を入れ
そのまま水で走れるわけですから
排気ガスやco2とは全く無縁の無公害車が
60年前から地球を走っていれば
地球温暖化や、発ガン率が60年前とあまり変わらない
(1000人に一人以下)
火力発電も、原発も全くいらない世界だったでしょうに、、
なんせ燃料は水で発生するのも水ですから、、。

でも水素自動車の発明者と協力して実用化に成功した3人は
あっという間にころされてしまったわけです。
「石油を使えっ」というわけです。
日本の首相が何故か「必要」とする発電するためのコストのさらに
1000倍も処理に費用のかかる
(どこでつくるのかね、そのお金、、?原発なども
あっという間に水素発電に切り替えれるわけですし
「原発は必要」とか
「ヘソが茶を沸かすぜ」レベルな無能な発言をしている暇があるなら
日本人による大変な文化的発明である
樹グラスの利権を率先して外国から保護するなど
日本の収支をよくすることをしてもらいたいものです。
ソーラーなどやって第三世界の人たちを
レアメタル等の搾取をしなくても、
音の害のひどい風力発電などしなくても
手軽で簡単で しかもエネルギー代は 「ただ」ですもの。
フランスが原発大国の理由は
フランスのロスチャイルド家が
世界のウランの7割近くを持っているというのがその理由
だから山猫軒では、
絶対に
オーパスワンや、
シャトームートンや
ラフィットロートシルトなどの
フランスヤクザの資金源になるワインは扱わないのがそのりゆうです。
まあ、つまり、誰かが独占できて、おおきな利ざやがあり、
そのためには起こってくる公害は
一般市民に回しとけば良いみたいな
儲けを独占できるエネルギーをつかいたいわけですし、、。

、、、と
横道に逸れました
けっこう危険思想ですね、
バイヤ バイヤ、、汗、、。

オールマイティーグラス樹の発明者
エスコフィエの平田さんが
殺されてしまう前に
地道に
オールマイティーグラス樹のファンを
5万人、10万人と増やしてしまえば
もうそう簡単に発明者を殺すわけにもいかなくなるはず。
で、山猫軒も
お客さんにこれまで通り
実は世界で一番美味しいワインを
オールマイティーグラス樹で
提供し続けることができる
というわけで
一生懸命 宣伝してきたわけです。

オールマイティーグラス樹は
ワインを美味しくするグラスではなく
世界で唯一ワインを壊さないグラスであるわけで
世界一というより
他のグラスがみんなダメなわけですが、。
まだこのブログの右上のビデオを見てない方は
是非一度はごらんください。

久しびりに「危険な話」を書いちゃいました。

草々





スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立