2016/08/09(火) 09:58:13

お肉スペシャルコース1万円のメニュー

14・16・21日の「お肉スペシャルコース1万円」は
14日はまんせきになりました。

16日 7時スタート
21日 6時30分スタート
の2日間は、まだくうせきありです。



当然のことながら
事情により一部の変更は御了承ください。

まだ今日明日 丹波篠山の猟師さんが
現在進行中で
鹿とイノシシのドンコを追っています


では メニューです

見蘭牛ギアラと松茸の椀
これ無茶苦茶美味しいおわんです。
のっけから感動してください。
馬肉赤身の手まり寿司
馬バラ紐の串炭火焼
熊本の方に焼いて一番うまいとこください
と言ったら、バラ肉と骨の隙間の部分だけを
集めてくれました。無茶苦茶うまいです。
1頭からほんの少ししかとれないぶぶんです。
鹿のヒレ肉串焼き
または
鹿の背ロースの串焼き
もち豚の関西風ねぎま
もち豚ロースのスモークローストハム
少しのお野菜添えて
または
もち豚のリエットと山猫パン
もち豚のパンチェッタのトマトソースのズッパ
さらりとピリ辛
恵那鳥のスモークチキンウィング
卵かけカッペリーニ白トリュフ風味
軽く美味しいチーズやフルーツなど
仔羊の肩ロースパン粉のせオーブン焼き
グリーンマスタード風味
見蘭牛 (一部変更する場合があります)
のモモ串焼き
ホルモン串焼き
腕肉串焼き
ランプまたはランカブ串焼き
ヒレ肉ハジまたはヒレ紐串焼き
センマイ自家製コチュジャン和え
サラダとカポナータ アーティチョークのコンフィ
見島牛の腕肉串焼き
見島と見蘭牛のミートソースのパスタ
水菓子

こんなかんじです。
品数はありますが
ボリューム重視のコースではありません。
最後のパスタで、皆さんのお腹の
多少のちょうせいをいたします。
都合によりいちぶのへんこうありです。
御了承ください。

60年から120年ものの
日本最古のみりんを使ったタレで
炭火の串焼きを中心としたメニュー


あと、
このコースは相当お得にしてしまったため
上記の食材の中で苦手なもののある方への対応は
コスト的に難しく
このコースに関してはできませんので
ご了承の上
おもうしこみください。

プラスさらにお肉いきたい方には
ご予約で、追加オプションとして
以下早いもの勝ちでおだしできます。
(当日は不可です)

見蘭牛のサーロインステーキ 6500円
見蘭牛のヒレステーキ6500円
見蘭牛のランプステーキ5800円
見蘭牛のミスジステーキ5800円
見蘭牛の腕肉ステーキ 4800円
見蘭牛のモモステーキ 4800円

見島牛の腕肉ステーキ 6500円
見島牛のミスジステーキ7500円
(全て100グラムです)
を、オプションで
おだしできるとおもいます。

山猫軒でお出ししている
見島牛は天然記念物であり
メスは60頭しか存在しない牛
繁殖に回さないオスを去勢して
4歳まで和牛と同じように肥育し食用に出荷されますが
今年は3頭がしゅっかされます。
戦後、過去最高に出荷された年で12頭といいます。
メスの出荷は基本的にないのが前提ですが
山猫軒ではできうる限り、このメスを入手し
おだししています。
オス、メスともに仕入れの値段は同じですが
メスは最後まで健康体を要求されるので
「放牧」が前提となり
和牛のようなカロリーの高い餌で「肥育」したオス牛とは
香りも味もまったくちがうものとなります。
あと、私が圧倒的にメスの方がが好きという
好みもかんけいしますが、、笑、、。
見島牛は天然記念物であるばかりでなく
ほとんど幻の牛ですが
メスは幻中のまぼろしといえます。

また、見蘭牛は和牛の万分の1しかいないため
知名度の全くない状態が続いてきましたが
食用和牛の「最高峰」ですので
多分今後、数年先には、このようなお値段で
おだしできるものではなくなっていくとおもいます。
お得なうちに
「日本最初の牛 見島牛」

「食用和牛の最高峰 見蘭牛」を
お楽しみくだされば さいわいです。

山猫軒の伊藤









スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立