2017/04/21(金) 03:24:29

アンガス牛のロースステーキの39セットの写真

黒毛和牛の赤身を美味しくするために
イギリスのアンガス牛を掛け合わせてできた和牛が
短角牛ですが、
その下になるアンガス牛
育て方や飼育日数などで
お味はまるでかわります。
一般に牧草だけでうまいアンガスは無理、、
と言われる中
完全なグラスフェッドで、美味しいアンガスを
ニュージーランドがせいこうさせました。
まだ日本ではほとんど出会う機会はすくないとおもいます。
おいしいおにくです。豪快にどうぞ。
今回の39せっとのしゃしんです。

鯛めし 炊き上がり
20170421025855867.jpg
徹底的に処理した6キロクラスの
今や日本最高と言われる
伊良湖水道の鯛の頭を入れて
高知県産の無農薬のミルキークイーンを
精米して即、鯛めしに。

20170421025857c29.jpg
醤油と水とお米と鯛のみの
山猫軒の鯛めし20170421030324e98.jpg
その鯛めしに最近有名?になった
33センチの包丁を99センチにして使う
山猫軒独自のお刺身の味を最大限に引き出す
通称 (笑、)「ノコギリ切り」だそうです(爆笑、)、、
でスライスした
その美味しい鯛のお刺身をさっとお醤油で洗い
トッピングし
なんと
「熱湯を注ぐだけの鯛茶ずけ」
の、繊細でちから強い味わいは
永谷園が好きな方には合いませんが
玄人向けなので
東京からも、京都からも
料理関係者が毎年食べに来る
20年来変わることのない
山猫軒の最高傑作の一つといえます。
この季節中に、是非どうぞ
次はまたらいねんです。

20170421030326d02.jpg
こちらも、この季節の定番
全てその場で作ってお出しする
魚介の盛り合わせミストマーレ
20170421030327813.jpg
これが今回のメイン
パーフェクトグラスフェッド
遺伝子組換え飼料ゼロ
ホルモン剤フリー
ノーレンダリング
( http://www.jlba.or.jp/con08_3.html などご参照ください。)
24ヶ月の飼育日数のアンガス牛の
炭火焼きロースステーキ
カポナータ、サラダ、パタータグラチナータ
オーガニックのロックフォールのリゾット添え
20170421030328f31.jpg
最後の一皿は
パルマのハムとメロン
ブッラータとクローバーの蜂蜜
ゴルゴンゾーラドルチェ
でした。

今回のメインのお肉は
残される方がいるかと心配したのですが
だれものこされませんでした。
あと、24日と、25日にやります。
まだまだくうせきありです。
chefito2002@hotmail.com
まで、
メールでご予約くださいね
お電話番号忘れずにおねがいいたします。





スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立