2017/05/23(火) 11:38:58

いくつかのお知らせ

1・ 27日の土曜日6時30分の、お任せのお食事(15000円)
のお席が4席できました。ごつごうよいかたいかがでしょうか?
最上のバフンウニ、スズキ、ぷくぷくのあさり
このこ、ばちこ、運が良ければドウマン蟹や、アワビ
などの季節のお魚類、夏スッポン、丹波篠山のしか、
けんらん牛、美味しいグラスフェッドの牛肉ロース、
イノシシ使ったものも少し
見島牛もちょこっと美味し野菜やうまいリゾット
その他いろいろ十数皿を少しづつ、お楽しみいただく
罰当たりメニューです。
きあいのはいったおたのしみめにゅーです。

2・前回の12000円のワイン企画
(5800円セットプラス贅沢ワインで込み込み12000円)
は、大好評でしたが、
今回は込み込み(お酒お食事込み)で、なんと

9800円のセット クッパなセット

で、暑くなってきましたので
シャンパーニュ、シャンパーニュ、シャンパーニュ、シャンパーニュ
アンド、ちょいと美味しい赤ワイン2種でせめます。

シャンパーニュの中には
名門 ドラピエ などもはいってきます。

シャンパーニュで、立て続けに4種は贅沢ですね。

食事だけの方は5800円です。

シャンパン4種と赤 2しゅをやりたいかたは、
9800円の込み込みです。

シャンパーニュ4連発と美味しい赤で締めるプラス4000円は、
1週間ほど 5800円のサービスセットに合わせてやりますので
お早めのご予約を頂けますと、
よりじゅんびしやすいです。
ぜひぜひ。
25・26・29・30・1・2日のサービスセットの方が
対象となります

98クッパ なので
さいごのおしょくじはおしょくじは
けんらん牛のカルビクッパにしようかなと、
おもっていますが、へんこうあるかもしれません。

メニューは乞うご期待

さて、ここからはおヒマな方向けです

この100ー200年来、
つまり、人間が食べるものに関して
贅沢ができるようになってきた間に
つまり
食餌 から 食事 へと進化する間に
食材とお酒の相性 組み合わせ
ということが言われてきました。

最悪と言われる組み合わせはいろいろありますが
例えば、赤ワインと特にピノ・ノワールと
フランボワーズ系のベリー類
(これやっちゃうと口の中がシガシガしてしまい
もう食後の余韻さいあくな、、。)

また日本食とワイン、、
これ味覚のしっかりしている方々ですと
私がこんなこと書かなくても
ご存知の通りですよね。
中でも
エビやウニや
魚卵系のもの、
このわたや塩辛やナマコや
珍味のクチコ
これがお寿司になったりすると
究極に最悪で、
そもそも酢飯の米酢と、ワインの相性となると
根本的に会いません。
赤ワインなどはもう論外ですが
シャンパーニュや、白ワインと
そうしたものを一緒にやっちゃた時など
いつまでも消えない生臭さは
体験された方々は非常に多いかと思います。

その原因は、実はワイングラスにあります。
もう少し詳しく言いますと
壊れてしまっているワインにその原因があります。
このブログのトップページの右にある
私のビデオをご覧いただいた方は、
すでに納得されておられることと思いますが
まだご覧になられていない方は、是非一度ご覧くださいませ。
海外のトップワイナリーの方々もご覧いただいており
すでにこのグラスを購入し、愛用していただいており
いろんなご意見をうかがっております。
生産国の日本では(頭が硬いのでまだまだですが)
やっと2万個を超える数のこのグラスが
世界に広がり始め
そして著名なワイン評論家や
フランスの 原産地呼称協会の委員たちも
(全ての方々ではないですが)
ここで出てくるグラス
「オールマイティーグラス樹 」
を、愛用するに至っております。

なぜ、そうなるか?
実はこの 「 オールマイティーグラス樹 」
のみが、
嘘のようにこの問題を解決いたします。

それは、生産者が、
心を込めて作った
ちゃんとしたワインの本来の味を
破壊(分子結合)してしまわずに
そのままちゃんと消費者に味わっていただける
「世界唯一のグラス」だからですが、、。
他の全てのワイングラスは
「全部ダメ」です。
発明者の平田さんのところにも
Massachusettsの工科大学の教授
お二人が、このグラスにはまってしまい
ものすごく驚き、感動され
「アメイジング 、、というほかありません 他に言葉がないです」

「慶應義塾の研究所が証明した
分子結合による、ワインの変化(ワインの破壊)を、
おってさらに研究したいが、
一体何年かかるかわからない研究になるし
予算も数十億円くらいになっちゃうかも?」

と、言わしめております。
世界最先端の科学者すら驚愕させる
とんでもない発明を日本人がしてしまった。
というのも 感慨深いことではあります。

単なるイージーな
インスタントの思いつきのものではなく
そこには、血の滲むような多くのことをくぐり抜け
いかにもっと美味しくワインを提供するかということに
人生の大半を費やしてきた平田さんだからこその
はつめいといえます。

今回の上記の
2.・のシャンパーニュ4連発と美味しい赤2種で締める、、
という企画は
暑くなってきたからそろそろ
美味しいシャンパーニュで贅沢したい
という事と
ちょうどこの時期は 通常では
「ワインと合わない」旬の
美味しい食材がいっぱいある季節でもありますので
「合わないはずのものが、なんで会うの?」
という遊び心も取り入れ
料理の専門誌などで
有名ソムリエたちが言っていることよりも
もう少し
「より次元の高い相性」を
ご体験していただけたらと思いました。
あくまでも
今回の企画は
もう少し 次元の高い
というところにありますので
究極に近い
ではありませんが
それでもわかる方には 十分に
カルチャーショックなくらいのことには
なるはずだとおもっています。
美味しいですよ。

シャンパーニュ4連発と美味しい赤で締めるプラス4000円は、
1週間ほど 5800円のサービスセットに合わせてやりますので
お早めのご予約を頂けますと、
よりじゅんびしやすいです。
ぜひぜひ。
25・26・29・30・1・2日のサービスセットの方が
対象となります

@@@@@@@@@@@@@@@@@

これはまた 別の話、。ですが

ちかじか、山猫軒 において、
オールマイティーグラス樹 の
発明者の平田さんと私の対談プラスその後のお食事

なんて企画をやりたいね と 話しておりますので
その時は、メールとブログで ご案内いたしますね。
スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立